• ホーム
  • 浴場に行けないインフルエンザは食事の前後にリレンザ

浴場に行けないインフルエンザは食事の前後にリレンザ

私達にとって冬に注意しなければならない病気の代表的存在とも言えるインフルエンザ。

これはインフルエンザウイルスを病原とする気道感染症で一般の風邪よりも重い症状になりやすい事を特徴とする病気なのですが、その発症過程はインフルエンザウイルスが喉・気管支・肺といった場所で感染・増殖する事によって発症してしまう物となっています。

これは呼吸と共に体内に侵入してしまうウイルスとなっているのですが、その増殖速度は非常に速い物となっており、最悪の場合は死に至る物となっています。

そこでこのインフルエンザにおける一般的な対策となるのが予防接種になるのですが、実はこれ以外にも対処方法はある物となっているのです。

そこで今回この対処方法として紹介するのがザナミビルを有効成分とするリレンザで、これは食事前後のどちらかに服用する事によって効果を発揮するインフルエンザA型及びB型の予防兼治療薬となります。

この薬はインフルエンザ感染の兆候が出てから48時間以内に摂取する事によって大きな効果を発揮する物となっているのですが、その効果は非常に高い物となっていて何も摂取しなかった時よりも発熱・頭痛・筋肉痛・咳・喉の痛み等の症状が1.5日から3日程早く回復する物となっているのです。

またこのリレンザの最大の特徴とも言えるのがインフルエンザ治療薬の代表的存在であるタミフルよりも効果が出るまでが短い薬となっているという事で、その効果が出るまでの差は何と約1時間30分も早い物となっているのです。

尤も上述の様にC型には余り効果が無い物となっているリレンザですが、それでもこれ等の特徴からインフルエンザA型・B型に対しては非常に有効な物となっています。

またこのリレンザのメリットとなるのが微熱が続くB型インフルエンザに対して非常に有効な物となっている為、摂取する事で感染してから再び浴場に入れるまでの期間が短くなるという事になります。

関連記事